新潟県の花火大会

長岡まつり大花火大会とは?見どころや観覧席をざっくり解説

花火系散歩屋のおーわ(@mof_mof08)です。

日本各地では一年を通じてたくさんの花火が打ち上がりますが、その一つに長岡まつり大花火大会があります。

そんな長岡まつり大花火大会を観覧したいと考えている方が、おそらく僕以外に3名ぐらいはいらっしゃるんじゃないかと思います。

本記事では長岡まつり大花火大会を主に初めて観覧される方向けに、大会の概要や見どころ、観覧席などについてまとめてみました。

長岡まつり大花火大会とは

長岡まつり大花火大会は新潟県長岡市で開催される花火大会で、概要は以下の通りとなります。

開催日程 例年8月2日〜3日(日付固定)
場所 信濃川河川敷
打ち上げ数 約20,000発(2日間合計)
最大号数 30号玉
担当煙火店 嘉瀬煙火工業、小千谷煙火興業、阿部煙火工業、新潟煙火工業、野村花火工業、マルゴー
無料観覧席 なし(2022年より全席有料)
有料観覧席 あり
三脚利用 可能
Webサイト 「長岡花火」公式ウェブサイト

長岡まつり大花火大会の歴史は古く、1879年(明治12年)に千手町八幡様のお祭りで遊郭関係者が資金を供出しあい、350発の花火を打ち上げたのが起源とされています。

その後、1938年(昭和13年)に太平洋戦争を機に中止に追い込まれますが、1946年(昭和21年)に開催された「長岡復興祭」で花火の打ち上げが復活します。

1951年からは名称が「長岡まつり」となり、毎年8月2日〜3日の2日間(日付固定)にわたって「慰霊」「復興」「感謝」といった長岡の人々の想いを込めた花火が今日まで打ち上げ続けられています。

>> 学ぶ | 長岡花火 公式ウェブサイト(長岡花火財団)

全国花火競技大会(大曲の花火)、土浦全国花火競技大会と共に日本三大花火大会、またぎおん柏崎まつり海の大花火大会、浅原神社秋季例大祭奉納大煙火(片貝まつり)と共に越後三大花火大会の一つに数えられています。

長岡まつり大花火大会の見どころ

長岡まつり大花火大会の見どころはざっくり以下の3つとなります。

  • 圧倒的なスケール
  • 高い芸術性
  • 想いのこもったプログラム構成

ほぼすべてのプログラムに尺玉以上の花火があり、そこに長岡の人々の想いが乗せられているのが魅力です。

圧倒的なスケール

全幅およそ2kmを誇る「復興祈願花火フェニックス」[2018年撮影]

長岡まつり大花火大会は他の花火大会とは一線を画する規模となっています。

尺玉(10号玉)クラスの花火が打ち上がる花火大会は日本各地で開催されていますが、長岡まつり大花火大会はほぼすべてのプログラムが尺玉以上の花火で構成されているのですから驚きです。(ゆえに”日本一火薬の消費量が多い花火大会”とも称されているようです)

中でも全幅2kmから多数の10号玉を交えて打ち上げられる「復興祈願花火フェニックス(フェニックス花火)」や直径600mを超える「正三尺玉」は圧巻です。

高い芸術性

野村花火工業さんによるスターマイン[2022年撮影]

高い芸術性を誇る花火を楽しめるのも長岡まつり大花火大会における魅力の一つです。

長岡まつり大花火大会は複数の煙火店さんが打ち上げを担当していますが、いずれも高い技術力を誇るかつ、大規模な花火大会などで打ち上げを担当した実績を持ちます。

日本屈指の芸術性を誇る花火に酔いしれることでしょう。

想いのこもったプログラム

長岡空襲の慰霊と未来永劫の平和を祈念して打ち上げられる「慰霊と平和への祈り」[2015年撮影]

長岡まつり大花火大会は花火のスケールや美しさに加え、プログラムもまた魅力的なものとなっています。

前述でも触れたように、長岡まつり大花火大会は「慰霊」「復興」「平和」をテーマに開催されていますが、これらにちなんだプログラムがいくつか組み込まれています。

慰霊と平和への祈り 長岡空襲の慰霊と未来永劫の平和を祈念したプログラム。白色の10号玉3発が打ち上げられる。
この空の花 「世界中の爆弾を花火に変えて打ち上げたら、戦争がなくなるのにな」という想いが込められたプログラム。最大10号玉を交えたスターマインが披露される。
復興祈願花火フェニックス 自然災害(中越地震など)からの復興の祈念を目的としたプログラム。平原綾香さんの「Jupiter」に載せて全幅2kmから打ち上げられる。

規模感や芸術性だけでなく、長岡の人々の熱い想いがふんだんに詰まっているのも特徴です。

長岡まつり大花火大会の打ち上げ場所について

長岡まつり大花火大会の打ち上げ場所は大きく以下の3ヶ所となります。

  • 長生橋〜大手大橋(メイン)
  • 大手大橋〜長岡大橋(一部プログラムのみ)
  • 長生橋下流(正三尺玉のみ)
長岡まつり大花火大会の会場周辺模型(長岡花火ミュージアムにて撮影)

大半の花火は長生橋〜大手大橋から打ち上げられますが、以下のプログラムについては打ち上げ場所が異なります。

復興祈願花火フェニックス 長生橋〜大手大橋〜長岡大橋
米百俵花火 長生橋〜大手大橋〜長岡大橋
正三尺玉 長生橋上流

スターマインのうち、大手大橋〜長岡大橋に事務所や店舗を構える企業が協賛するものについては当該区間で打ち上げられます。

基本的には長生橋〜大手大橋で打ち上げられ、プログラムによって一部異なるものがあると押さえておくとよろしいかと思います。

で、ここからは少々マニアックな話になりますが、実は長生橋〜大手大橋と大手大橋〜長岡大橋に設けられる筒の配置は地形の関係でやや変則的になっています。

詳細は後述しますが、この変則的な配置によって有料観覧席なのに「ここは無料観覧席か?」と思える見え方をする(その逆もしかり)観覧席もありますので、頭の片隅に置いといていただければとい思います。

長岡まつり大花火大会の観覧席について

長岡まつり大花火大会では合計16種類の観覧席が設けられます。

花火観覧会場図[2022年版](引用:長岡花火公式ウェブサイト)

種類が多すぎてなんじゃらほいほいって感じですが、なるべく分かりやすく解説していきます。

まず、観覧席は大きくA会場(右岸/長岡駅側)B会場(左岸/長岡IC側)の二面で構成されます。

両会場は大きく離れている(1km以上)のに加え、これらを結ぶ長生橋と大手大橋で花火打ち上げ時間帯の前後に大規模な交通規制が行われます。

そのため、特に公共交通機関(北長岡駅および来迎寺駅からのパークアンドライドを含む)を利用してアクセスされる方はA会場での観覧がおすすめです。

長岡駅〜B会場はおよそ3kmあり、平常時で徒歩およそ40〜45分程度かかります。

さらにA会場は3つ、B会場は2つの区画に分けられ、花火が綺麗に見える度合いとしてはざっくり以下の通りとなります。(※個人的な主観を含みます)

区画 A会場 B会場
長生橋〜大手大橋
長生橋上流
大手大橋下流

A会場、B会場とも花火が綺麗に見えるのは長生橋〜大手大橋に設けられる観覧席となります。

ただし、復興祈願花火フェニックスと正三尺玉+ナイアガラ大瀑布についてはA会場の方がバランス良く見えます。

おおよその見え方を知りたい方は、観覧前に長岡花火ミュージアム(道の駅ながおか花火館)に展示されている模型をご覧いただくとイメージしやすいかもしれません。

ちなみに長岡まつり大花火大会における観覧チケットの一次販売はすべて抽選方式となっています。

特にA会場の長生橋〜大手大橋に設けられる観覧席は非常に人気が高く、落選する可能性が十二分にあり得ます。

幸い、観覧チケットは第二希望まで申し込めるため、仮に第一希望の席種に落選したとしても、申し込み方次第では第二希望の観覧席を入手できる可能性があります。

以上のことをまとめると…

  • 公共交通機関を利用される方はA会場での観覧がおすすめ
  • 長生橋〜大手大橋の観覧席が花火が綺麗に見える(特にA会場側)
  • 一次販売は抽選販売となるため希望の席種が入手できる保証はない

といった感じになります。

以下、各区画毎に観覧席の特徴や見え方をざっくり解説していきます。

【A会場(右岸/長岡駅側)】長生橋〜大手大橋の観覧席

A会場の長生橋〜大手大橋の区間には5種類の観覧席(マス席、イス席、ベンチ席、カメラマン席、車いす席)が設けられます。

マス席(A会場) 花火打ち上げ場所に最も近い板敷きの観覧席。最大6名での利用が可能。家族やグループでの利用におすすめ。
イス席(A会場) マス席とほぼ同列に設けられる観覧席。長生橋寄りの席と大手大橋寄りの席があり、前者と後者で花火の見え方が異なる。少人数での利用におすすめ。
ベンチ席 堤防法面に設けられる観覧席。設置箇所が非常に広大なため、割り当てられる席によって花火の見え方に差が生じる。少人数での利用におすすめ。
カメラマン席(A会場) 大手大橋寄りの堤防法面に設けられる観覧席。花火の見え方にやや難がある。三脚を利用して撮影をされる方向けの観覧席。
車いす席 大手大橋寄りに設けられる観覧席。花火の見え方にやや難がある。車椅子利用者および介助者専用。

特徴はざっくり以下の通り。

  • ほぼすべての花火が綺麗な形で楽しめる
  • 長生橋寄りの観覧席は正三尺玉+ナイアガラ大瀑布のバランスがイマイチ
  • 大手大橋寄りの観覧席はスターマインが綺麗に見えない
  • 区画内はすべて指定席かつ自動割当
  • 抽選販売かつ人気が高いため必ず入手できるとは限らない
ベンチ席(長生橋寄り)から見るスターマイン[2018年撮影]
ベンチ席(長生橋寄り)から見る復興祈願花火フェニックス[2018年撮影]
ベンチ席(長生橋寄り)から見る正三尺玉+ナイアガラ大瀑布[2018年撮影]
ベンチ席(大手大橋寄り)から見るスターマイン[2019年撮影]
ベンチ席(大手大橋寄り)から見る復興祈願花火フェニックス[2019年撮影]
ベンチ席(大手大橋寄り)から見る正三尺玉+ナイアガラ大瀑布[2019年撮影]

ほぼすべての花火を綺麗な形で楽しめるのが特徴で、特に注目プログラムの一つに当たる正三尺玉+ナイアガラ大瀑布を綺麗に拝めるのはこの区画の観覧席のみとなります。

B会場の同区間に設けられる観覧席でも正三尺玉+ナイアガラ大瀑布は拝めますが、A会場ほど綺麗には見えません。(詳細は後述)

先述で紹介した花火打ち上げ場所と観覧席の設定範囲が広大な関係で、割り当てられる観覧席によって花火の見え方に差異が生じます

特に大手大橋に程近い観覧席ではスターマインが有料観覧席とは思えない見え方をするため注意が必要です。(長生橋寄りの観覧席については正三尺玉+ナイアガラ大瀑布のバランスがやや悪い)

加えて、長生橋〜大手大橋の区間に設けられる観覧席はすべて指定席かつ自動割り当てとなるため、設置範囲が広大なベンチ席や設置箇所が両極端なイス席において理想の席が割り当てられるかどうかは運ゲーになります。

抽選倍率が高いかつ座席ガチャな面もありますが、おおよそすべての方におすすめの観覧席です。

【A会場(右岸/長岡駅側)】長生橋上流側の観覧席

長生橋上流側には2種類の観覧席(南エリア席、身体障がい者席)が設けられます。

南エリア席(A会場) 堤防法面に設けられる観覧席。エリア内は自由席。2019年までは無料観覧席だった。
身体障がい者席 さいわいプラザ屋上に設けられる車いす対応の観覧席。

特徴はざっくり以下の通り。

  • スターマインは意外と綺麗に見える
  • 復興祈願花火フェニックスはややワイド感が薄れる
  • 正三尺玉の迫力を最大限味わえる(ナイアガラ大瀑布との同時観覧は不可)
  • 長生橋とスターマインのコラボレーションが映える
南エリア席(A会場)から見るスターマイン[2015年撮影] ※当時は無料観覧席
南エリア席(A会場)から見る復興祈願花火フェニックス[2015年撮影] ※当時は無料観覧席

先述したように、長生橋〜大手大橋に設けられる花火筒の配置がやや変則的なため、プログラムの大半を占めるスターマインが比較的綺麗に見えるのが特徴となっています。

加えて、ほぼすべての花火が長生橋の背後から打ち上がる形となるため、写真映えしやすいのも魅力です。

また、すべての観覧席の中で最も正三尺玉の打ち上げ場所に近いため、五臓六腑に染み渡る異次元の迫力を体感できます。

正三尺玉とナイアガラ大瀑布の同時観覧はできません。

長生橋のシルエットと共にスターマインを楽しみたい方や、長生橋〜大手大橋の観覧チケットが入手できなかった際の第二希望としておすすめです。

【A会場(右岸/長岡駅側)】大手大橋下流側の観覧席

大手大橋下流側には3種類の観覧席(北エリア席、フェニックステーブル席、フェニックスエリア席)が設けられます。

北エリア席(A会場) 堤防法面に設けられる観覧席。少人数、家族・グループどちらにも適している。2019年までは無料観覧席だった。
フェニックステーブル席 ヘリポートに設けられるテーブル付きの観覧席。少人数での利用に適している。車椅子での利用も可能。
フェニックスエリア席 ソフトボール場に設けられる観覧席。割り当てられた区画内の好きな位置に座って観覧する。1区画あたり50名程度。少人数、家族・グループどちらにも適している。

特徴はざっくり以下の通り。

  • 復興祈願花火フェニックスは最大限に楽しめる
  • それ以外の花火は綺麗に見えないかつ迫力が落ちる
フェニックスエリア席から見るスターマインの様子[2016年撮影] ※観覧当時はフェニックス席
フェニックスエリア席から見る復興祈願花火フェニックスの様子[2016年撮影] ※観覧当時はフェニックス席

復興祈願花火フェニックスと米百俵花火(最後の一斉打ち上げのみ)はおおよそ正面に据えられる一方、それ以外の花火についてはあまり楽しめない極端な観覧席となっています。

とにかくフェニックス花火を楽しみたい方におすすめです。

【B会場(左岸/長岡IC側)】長生橋〜大手大橋の観覧席

長生橋〜大手大橋には6種類の観覧席(マス席、イス席、テーブル席、南エリア席、堤防上マス席、カメラマン席)が設けられます。

マス席 花火打ち上げ場所に最も近いブルーシートが敷かれた観覧席。長生橋寄りの席は見え方にやや難があるかも。最大6名での利用が可能。家族やグループでの利用におすすめ。
イス席 マス席と同列に設けられる観覧席。設置箇所は大手大橋寄り。少人数での利用におすすめ。車椅子での観覧も可能。
テーブル席 イス席、マス席の後方に設けられる観覧席。設置箇所は大手大橋寄り。少人数での利用におすすめ。
南エリア席 堤防法面に設けられる観覧席。エリア内自由席。少人数、家族やグループどちらにもおすすめ。
堤防上マス席 堤防最上段に設けられる観覧席。最大6名での利用が可能。シートなどの用意はないため持参を推奨。設置箇所が非常に広大なため、割り当てられる席によって花火の見え方に差が生じる。家族やグループでの利用におすすめ。
カメラマン席 陸上競技場のスタンド席に設けられる観覧席。三脚を利用して撮影をされる方向け。

特徴はざっくり以下の通り。

  • 長生橋〜大手大橋から打ち上がるスターマインは綺麗に見える
  • 復興祈願花火フェニックスや米百俵花火はA会場よりワイド感が劣る
  • 正三尺玉+ナイアガラ大瀑布は綺麗に見えない
  • 長生橋寄りの観覧席は花火が綺麗に見えない
  • 大手大橋至近の観覧席は樹木で低い花火が隠れる
南エリア席(B会場)から見るスターマインの様子[2022年撮影]
南エリア席(B会場)から見る復興祈願花火フェニックスの様子[2022年撮影]
南エリア席(B会場)から見る正三尺玉+ナイアガラ大瀑布の様子[2022年撮影]

プログラムの大半を占める長生橋〜大手大橋から打ち上げられるスターマインを正面に据えて楽しめるのが特徴として挙げられます。

ただし、復興祈願花火フェニックスの見え方に違和感があったり、正三尺玉がナイアガラ大瀑布のかなり右手に見えるなど、A会場の同区画に設けられる観覧席と比べて総合的に劣るのがデメリットです。

先述でも触れましたが、長生橋〜大手大橋に設けられる花火筒がやや変則的な配置となっています。

その関係で、長生橋寄りの観覧席ではスターマインが「ここは無料観覧席か?」と思える見え方をします。

特に設定範囲が広いかつ座席が自動で割り当てられる堤防上マス席で観覧を検討されている方は注意が必要です。

南エリア席についても広範囲に渡って設けられますが、こちらはエリア内自由席となっているため、早めに入場すればおおよそ回避できます。

自家用車でアクセスされるかつスターマインを集中的に楽しみたい方におすすめです。

【B会場(左岸/長岡IC側)】大手大橋上流側の観覧席

B会場の大手大橋下流側には1種類の観覧席(北エリア席)が設けられます。

北エリア席 堤防法面に設けられる観覧席。エリア内自由席。少人数、家族やグループどちらにもおすすめ。

復興祈願花火フェニックスと米百俵花火(最後の一斉打ち上げのみ)はおおよそ正面に据えられる一方、それ以外の花火についてはあまり楽しめない極端な観覧席となっています。

A会場の同区画に設けられる観覧席と異なり、正面に樹木が生い茂っている関係で低い花火が見えづらいのも辛いところです。

自家用車でアクセスされるかつ復興祈願花火フェニックスをざっくり楽しみたい方におすすめでしょうか。

【番外】会場外の高台からも意外と楽しめる?!

会場外にある高台からも長岡まつり大花火大会を拝むことができます。

特に復興祈願花火フェニックスは全幅が2kmと非常に広大かつ緩やかな曲線を描く形で花火筒が配置されるため、メイン会場からは少し独特な見え方をします。(先述の写真を参照)

一方で高台からであれば一直線に整った不死鳥の舞を拝めます。

残念ながら花火まで距離がかなり離れているため迫力は皆無ですが、観覧チケットを入手できなかった場合は高台に出向くのもありかもしれません。

なお、会場外から観覧される場合は携帯ラジオなどを持参し、FMながおか(80.7MHz)の特番「FM三尺玉」を視聴しながら観覧すると会場の雰囲気を味わえますので参考までに。

まとめ

本記事では長岡まつり大花火大会を観覧するにあたって押さえておきたい見どころや観覧席の特徴などについて紹介してまいりました。

日本三大花火大会ならびに越後三大花火大会に数えられ、「慰霊」「復興」「感謝」といった長岡市民の想いを載せて今日まで打ち上げられ続けています。

観覧席は大きくA会場(右岸/長岡駅側)とB会場(左岸/長岡IC側)が設けられますが、両会場は距離があるかつ大規模な交通規制が敷かれるため、主たる交通手段に応じて選択するようにしましょう。

初めての方は長生橋〜大手大橋に設けられる観覧席(特にA会場)でご覧いただくのが最もおすすめでしょうか。

また、遠方から訪れる方はなるべく早めに宿泊施設の確保をすると良いでしょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございますm(__)m

ABOUT ME
おーわ
花火系散歩屋。関東地方を中心に年間20〜50回の花火を観覧・撮影しながら、各種メディア(SNS、ブログ)を通じて花火の様子をお届けしています。